スマイルドーナッツの乱筆乱文記

テキトーなサブブログ。1つの記事でいろんな事いってるので内容に纏まりはありません。

96(▪️人それぞれ、できないことがあると知って欲しい▪️僕のできないこと)

▪️人それぞれ、できないことがあると知って欲しい

今日YouTubeで、確定申告ができない人の動画を見ました。法の下の平等(憲法14条)から、法律は誰でも守れる法として機能したほうがいいです。税申告をしない罪ように、能動的に動けないことに対する罪が重過ぎるというのは、気持ちの上で同意できます。

 

ギフテッド(Gifted)が有名ですが、

常識的に誰にもできないことができるのに、

常識的に誰でもできることができない人がいます。

 

足のない人に「頑張って歩け!」といっても歩けないように、

「選び好みしてるから仕事ができない」といっても、パンの上にジャムを乗っける単純作業すらできない人もいます。

他人の気持ちは基本的に理解できないものですが、「一見わかりにくいが、常識的に誰でもできることができない人」がいることを、知って欲しいと思っています。

 

▪️僕のできないこと

僕は高校生まで、宿題を終わらせたことが一度もありません。宿題というのが、なんなのか分からないので、今学生のころの「宿題をやれ」と言われても、まずできないでしょう。

思えば宿題忘れで、毎回最後まで廊下に立たされていたのは、僕だけでした。宿題の度に「怠け者!」と言われていたので、当時は自分が怠け者なんだと思っていました。

 

しかし、僕は宿題をやるための努力を怠ったことはありません。手に「宿題」と油性ペンで書いたり、常に宿題を持ち歩いたりするなど、様々な解決策を試しましたが、解決したことはありません。

結局それは努力ではなく、徒労だったのですが。

今だから言えますが、基本的に僕は「やらなければならない(have to)」と思ってしまったら、義務のあるなしに関わらず、できません。

無理にやろうとすると気絶してしまうので、不可能です。

実行機能障害な気もしますが、「病院にいかなければならない」と思った時点で行けなくなるので、障害の診断もできません。酷いときは、「病院にいかなければならない」というストレスで、内科に救急搬送されます。自爆です。

 

これが僕にとっての普通です。

高校生くらいまでは、朝起きてからほとんどすべての時間気絶していたので、もはや何も分からないパッパラパーでした。

このことから想像力がなかったので、宿題も、みんな凄い工夫や努力をしているのだろうと思うしかありませんでした。

 

でも違いました。

僕がおかしいだけでした。

 

もうどうしよもないので、

今は「できないことはできない!」とはっきり言うようにしてます。

 

他にも、単純作業は全くできません。僕は運動制御の能力が高いので、パンの上にジャムを乗っけるような精密な単純作業(?)が得意と勘違いされます。実際には、作業をはじめた瞬間に意識が遠のいて、酷いときは他のことも含めて丸一日なにもできなくなります。

できない理由は「単純作業をやらなければならない」と考えてしまうからですが、自分で言ってて意味不明です。

 

一度「やらなければならない(have to)」と思ってしまったら、それを忘れるまでできないので、できるようになるまで、基本的に何年もかかります。

少し前の話ですが、枕(まくら)がなくなってから、「枕を購入しなければならない」と思った後に、枕を購入するまで3年かかりました。めっちゃ枕が必要だし欲しかったのに。

 

※「やると決めた」を「やらなければならない(have to)」に訂正しました。このほうが伝わりやすいですが、実際には「やると決めた」瞬間にできなくなることが、ほとんどです。重症です。

 

多分僕みたいな人はいると思います。我慢している人は「できないことはできない!」と主張しましょう。