スマイルドーナッツのテキトーなサブブログ

テキトーなサブブログ。1つの記事でいろんな事いってるので内容に纏まりはありません。

93(▪️計画ありきの都市デザイン▪️自閉症の方の記憶形成)

▪️計画ありきの都市デザイン

都市計画において、計画ありきの都市デザインは、土地に残る個性を潰してしまうことがある。UR都市機構を筆頭に、ニュータウンが林立されたが、実際には画一的なベットタウンばかりだ。

共同体レベルでは、個性を潰した町は代替可能で、緩やかな衰退に向かう。代替の難しい都市デザインは、長い年月をかけて土地に根付いた文化を踏襲するものだ。

個人レベルでは、家は買った時点で負債になる。だからこの場所に家を立てたい、というポジティブな理由が必要だ。

 

もちろん横浜みなとみらいのように

▪️観光・港町というブランド戦略

▪️関内と横浜繁華街を接続するという目的

▪️高層建築のスカイライン

など、大規模計画であれば計画ありきの都市であっても、個性を確立した成功例はある。

この場合は比較として、神戸の失敗についても語らなければならないが、またの機会に。

 

▪️自閉症の方の記憶形成

自閉症の方いわく、「みなさんの記憶は線で繋がっているが、私は点で散らばっており、話すときにそれを拾い集めている」という話を聞いた。

重度自閉症の方であっても、衣装を変えた僕の顔をしっかりと覚えて下さっていることが多い。そこらへんの記憶力(顔認識ニューロンを介するものなど)は僕より遥かに高いのではないかと思う。

さて、彼らが知覚する世界は、VRの体験デバイスでは知覚過敏ばかりが再現されていまうが、記憶方式に関しては再現が難しい。

そもそも我々は受動意識仮説のように、エピソード記憶の中で、感情のラベル付けがされる。しかしこのタイプの重度自閉症の方は、エピソード記憶が弱いため、何らかの記憶方式を強めている可能性がある。

この場合、時間感覚は我々と全く異なることもあるが、量子論観測における意識の問題に関係するのではないか(詳しい人教えて下さい)

感覚が大きく違うはずなのに、昔から僕は健常者より彼らに共感してしまう。それは何故だろうと考えていた。DSM5に定義されるニューロマイノリティーは、未規定性に誘惑され抗えない。それが本質ではないか。