スマイルドーナッツのテキトーなサブブログ

テキトーなサブブログ。1つの記事でいろんな事いってるので内容に纏まりはありません。

77(▪️インターネットが人の視野を狭める方向に動いている▪️再帰性(reflexivity)の増大を是とすること▪️憲法は大衆でも分かるように)

▪️インターネットが人の視野を狭める方向に動いている

僕は実年齢のわりに、インターネットの世界では古参なのですが、過去のインターネットとは在り方が大きく変わってきていることを感じます。

特に注目したいのが、検索エンジンの尖鋭化です。Googleを筆頭に検索履歴や秘密のテクノロジーによって、個人にテーラーメードな検索結果を表示できるようになりました。

これは、個人が見たくないものを見なくてもよくなったとも言えます。自分の見たいものだけを見る世界は、ダイバーシティ(多様性)の観点で、視野を狭めることになります。

マスメディアの負の特性が、インターネットでも起こりうるということです。ますます、ポピュリズムに傾いたような大衆迎合が加速され、危険だと考えます。

 

▪️再帰性(reflexivity)の増大を是とすること

f:id:hrkbb914:20190519175202j:image

社会のネタバラシによって、ギデンズが主張するような社会的再帰性を増大させる事を是としたい。

近代以前は宗教的な神や儀式の時代だったが、近代前期では実存主義に代表されるように理性の時代となった。

近代後期では再帰性が強まったが、厳密に捉えると情報社会においては、上記で解説したようにインターネットが視野を狭めて、再帰性を低下させる方向に動いている。

ネタバラシによって再帰性を強めることが、バンドワゴンのように単なる社会不安の連鎖を招くこともある。

それでも知らぬが花より、知ってなお戦い続けることを選択する。これを是としたい。

そもそも構造化理論で説明されるように、個人と社会には双方向の関係性があり、社会とは再帰的な行為によってつくられているのだから。

 

▪️憲法は大衆でも分かるように

憲法が国民が国に守らせる覚書であることを意外と知らない人がいますが、この解決策として、誰が見ても分かるような教育をした方がいいと考えます。みんな誤解してるけど憲法はよいものでは、みんなが誤解しているものが正しくなってしまう。国民の多くが誤解しているものは駄目です。

最近話題の芦田修正を知っていることは重要ですが、まず誰が見ても分かるようにポイントを掴むテクニックを教育した方がいいと考えます。