スマイルドーナッツのテキトーなサブブログ

テキトーなサブブログ。1つの記事でいろんな事いってるので内容に纏まりはありません。

48(▪️効率的学習法▪️試験勉強なんてやらなくていい▪️学校とビジネス教育▪️日本への恩義)

▪️効率的学習方

俺は学問は好きだが、いわゆる試験勉強的なことは一生のうちでも大学1,2年の時に遊びでやった以外、数日しかやったことがない。つーか授業も聞いたことなんてほとんどない。まあそんな学問エンジョイ勢の話だから、ガチの人はこっから下はあんま読まん方がいいかも。

 

どこの大学の調査でも、ラインペンとか付箋とか丸暗記とかは否定されてるね。赤青黄の順にラインペンを3重に引いて読めなくなってる奴とか、全てのページに付箋貼ってる奴は、問題外な上、意味不明過ぎて笑える。しかしそういう行動をしてしまう彼らは、学校教育の被害者でもある。

 

多数派の研究でよいとされる学習法は、

・物真似(ミラーニューロン)

・人に教える

かな。まあ実際に上2つをやる必要もなくて、適当に本とか読んでれば、フロー状態になって、勉強がいつの間にか好きになって、セルフトークがなん万回も必要な知識を語ってくれるだろ。自動的過ぎて、我慢も苦痛も伴わないから頑張った感じはしないだろうが、どうしてもやらなきゃいけない人はさておき、勉強なんか頑張なくたっていいじゃんな。

 

更に言うなら、もうみんな試験勉強なんて、殆どしなくていいんじゃないか?

価値の担保としての資格や学歴は、ある意味で洗脳と市場原理の現象だし。丸暗記の知識はスマホに負けるし。試験の知識は現場だとろくに役に立たないし。学問の本質は研究だし。

 

もう真面目な振りとかいう茶番にはつきあってられん。ドラマチックな茶番でいこうぜ。

 

▪️学校とビジネス教育

学校でビジネスの教育をしないのは、歴史的な背景がある。発端は富国強兵。また、高度経済成長期は大量生産大量消費によって、人材による高品質かつ均質な生産が必要になった。『右にならえの同質化、縦社会、年功序列』なんかの社畜は当時からすると合理的だった。

でももう大量生産大量消費は終わった。時代遅れだよ。中小企業のビジネスは学校教育やメディア洗脳の名残のせいか、未だに時代遅れなことをやってる。

多くの国の施策で、投資した結果、回収できる可能性が共通して高いのは教育だ。拝金主義とかいうカルトチックな洗脳でなく、ちゃんとしたビジネスの教育をしましょう。

 

▪️日本への恩義

時代遅れであっても、先人の人が作り上げてきた儒教的道徳に関しては敬意を払う。

しかし本当に日本はこのままでいいのか?

日本には散々苦しめられてきたが、衣食住、特に水が飲めるという、環境を作ってくれたこと対しては恩義がある。だからなるべくこの場所で恩義を返したい。俺は1人だとただの社会不適合者だが、AI時代における相性の問題で、日本の状況を良くするパーツになれる可能性を秘めてる。と思いたい。