スマイルドーナッツのテキトーなサブブログ

テキトーなサブブログ。1つの記事でいろんな事いってるので内容に纏まりはありません。

23(世俗的な成功者とダークトライアド、涅槃寂静の世界へ)

▪️ダークトライアド

世俗的な成功を修めてるやつらは、

ある程度、ダークトライアドを持つ傾向にある。

ダークトライアドとは、

・ナルシスト

サイコパス(反社会性人格障害)

マキャベリスト(目的のためなら手段を選ばない)

の3つだ。俺はジャークトライアドと呼んでるが、それはどうでもいいな。

これらを持つ人は、一見魅力的でモテる。

極端な例を挙げると

渡辺美樹戸塚宏麻原彰晃などが、恐らくそう。彼らは極端過ぎて自爆しているし、ダークトライアドを隠す事ができてない点を考えると、自己愛性人格障害とも言えるかもしれない。(否定的なことをいっているが、わたしは彼らに興味がある。)

 

問題は、極端であっても制裁を受けないやつらが多いこと。これだから、強者に優しく弱者に厳しいという社会のジレンマはなくならない。

俺はダークトライアドの要素が薄く、世俗的な成功者に向いていない。

だけど、彼らによる被害を最小に近づけるには、俺たちのようなポンコツ人間が手を取り合って、社会に立ち向かっていかなきゃダメだ。

 

▪️涅槃寂静の世界へ

輪廻転生から解き放たれ涅槃寂静の世界へ。

人生は死ぬための準備をするものだと、聞いたことがある。あらゆる執着から解き放たれれば、生まれ変わる必要もないし、無となることができる。

しかしまだ俺は、自分の不可能性を認められていない。現在の自分を規定するのは、可能性ではなく不可能性だが、それを分かっていても、もどかしさが続く。

ただ、今ここにいる何者にもなれない自分を認められないがゆえに、コンフォートゾーンの外側にある、世界中のみんなを笑顔にしたいというゴールへの渇望があるのかもしれない。