スマイルドーナッツのテキトーなサブブログ

テキトーなサブブログ。1つの記事でいろんな事いってるので内容に纏まりはありません。

89(▪️ダイバーシティと調和▪️メインブログが読みにくい?)

▪️ダイバーシティと調和

ダイバーシティと調和の違いについて考える。ダイバーシティ分子生物学的に、ある程度の同質部分が重要である。

例えば人種において、地球人という括りでは調和がおこり、ダイバーシティはなくなる。日本人同士の交配では遺伝子的に離れている事でダイバーシティとなるが、日本人からみて外国人との交配を少なくすることで、調和を防ぐ。

つまり、ダイバーシティと調和の線引きは、人の視点(立ち位置)によって変化する。また、オーケストラのように、意図的に調和させるものもある。

「人それぞれを認めなければならない」といった多様な価値観が絶対という、相対主義的な主張がみられるが、ダイバーシティとの差異を見極める必要がある。

 

▪️メインブログが読みにくい?

リア友から、メインブログが読みにくいとアドバイスを頂きましたが、読みやすさ重視のメインブログで読みにくいと言われるとは、、、とりあえず2つの仮説に分けて考えます。

 

①解説が不足しているため、読みにくいというアドバイス

基本的に専門用語は解説を加えていますし、それでもわからない単語は、クリックしていただければ解説が出ます。

しかし、

僕のブログや、クリック先の解説が不足していることもあります。例えば中国語の部屋で、部屋全体の意味論的な解釈がないという、致命的な不足もあります。

 

②論理的に複雑で読みにくいというアドバイス

基本的には、処理流暢性を高めるのは危険だと考えています。

わかった気にさせる文章で、分かった気になっても、分かっているとは言えません。

僕のブログは、人間の複雑性と比較すると、複雑性に欠けています。一部の人文科学のように、エビデンスに依存しない確からしさには、複雑性が必要です。

 

 

精進します!

88(▪️メインブログのいじめの記事について)

f:id:hrkbb914:20190803103750j:image

引用:https://www.google.com/amp/s/s.resemom.jp/article/2019/04/01/49898.amp.html

日本は自殺大国ですが、データでは特徴的な推移になっているのがわかると思います。


昨日メインブログで、学校のいじめ問題について、ちゃんと書きましたので、そちらもよろしくお願いいたします!

 

f:id:hrkbb914:20190802220735j:image

引用画像:Twitter(誰の作品か教えて下さい😂)

結局いじめられ損なんだから、耐えるなんてアホらしいよな。戦って無理ならすぐ逃げてもいいし、戦わずに逃げるのもいい。

 

さて、僕は戦争屋なのですべてと戦います。そのせいで苛められて、そのおかげで苛められなくなりました。

まあ、多くの人にはなんの参考にもならんですが、何らかの成功体験を積めば、後は突っ走れるものです。

 

87(▪️知ることの大切さ▪️目を合わせること)

▪️知ることの大切さ

グローバル化により、アメリカ(ドル)の管理通貨制度の管理が難しくなりつつあります。

そんな中で、処理流暢性を極端に高めたような発言を繰り返すトランプが選ばれたように、ポピュラリズムの危険性はますます高まっています。

複雑性の高い人間社会の中で、客観性、実証性を無視した、全てを解決する秘策は一見魅力的です。

しかし実際には、オピオイドのように痛みを先送りしているに過ぎないことは多い。ポルポト毛沢東レーニンスターリンなど、私たちは歴史から学びとる必要があります。

イスラム原理主義・過激派のように明らかな反知性主義は、テロリズムのように問題として挙げやすい。

しかし市場原理であらゆる問題が解決すると考える新自由主義者のように、大衆が浮き彫りにしない問題も多い。

プラトンの「ソクラテスの弁明」における「無知の知」を踏襲して、自分が知らないことを出発点とするのがいいと考えます。私たちは、本当に知るに値することを、探究しなければなりません。

自分が欲するように世界を理解する態度は、危険です。自分が間違っていたら、それを正してくれる共同体の仲間が必要です。

 

▪️目を合わせること

最近、子供とよく遊ぶのですが、昔より好かれるようになった気がします。

子供がバッタよりカマキリを好きになる理由は、カマキリの首が稼動し目が合うからだそうです。

僕が子供の頃、目に違和感のある大人は、ほとんど全てその違和感どうりの人でした。

最適性の勝ち抜きレースで勝つことばかりを考えて、それが正しいと思って生きてきた人は、怖いと思っていました。

生き方は顔に出るのだと思います。テレビでやってるメンタリズムは、小手先のトリックがほとんどですが、心理学的傾向はEBMでも明らかです。

僕は大人になることをやめて、芸術家になったのでずっと子供のままです。だから僕にとって子供は仲間なのです。

 

86(▪️アメリカの移民問題の誤解▪️日本の移民問題)

今日の記事は知識が不足しているので、間違ってるかもしれません!間違いがあれば、具体的なご指摘をお願いしたいです😍

 

▪️アメリカの移民問題の誤解

アメリカ人上位1%の総資産は、残り99%が持つ資産の総量よりも多い。

トランプは、移民により賃金低下や格差拡大がおこったかのような発言をしたが、実態はどうなのか。

f:id:hrkbb914:20190717141306j:imagef:id:hrkbb914:20190718131054j:image
f:id:hrkbb914:20190717141323j:image

引用:https://diamond.jp/articles/amp/190362?skin=amp

f:id:hrkbb914:20190718130246j:image

引用:http://statistics-society101.com/inequality-globalism-skill-biased-technological-change/

 

誤解されそうなくらい簡単な言い方をするなら、IT化のような高スキル労働者向けの技術の普及により、高スキルを持たない労働者が代替されること。これが移民よりも格差拡大に寄与している。

 

▪️日本の移民問題

なら日本の移民問題はどうか。

・まだ二世問題が表面化していない。

・先進国の中間層はグローバル化により(他層と比較して相対的に)1人負けする。

これにより治安の悪化など、致命的な問題を抱える可能性がある。

 

2012年にピューリサーチが行った調査によると、「政府は貧困家庭を助ける責任を負うべきか」という問いに、「いいえ」と答えた割合は、ヨーロッパ諸国で7~9%、アメリカは28%だが、日本は38%と聞いた。

 

このことからも、市場原理主義でもないのにこのような数値がでる、日本の特殊性を考えて吟味するべきだ。