スマイルドーナッツのテキトーなサブブログ

テキトーなサブブログ。1つの記事でいろんな事いってるので内容に纏まりはありません。

99(▪️エンターテイメントを管理する人の問題意識)

▪️エンターテイメント業界のパラダイムシフト(価値観の変容)

エンターテイメント業界において、市場原理主義が、芸術文化を破壊するのは想像できます。

更にシンギュラリティーの問題のように、加速度的にパラダイムシフト(価値観の変容)がおこることを考えます。私はエンターテイメントが大衆迎合し、何でもありの方向に進んでいくと考えています。

エンターテイメントを管理する人が、芸術とそうでないものの線引きを理解しなければいけないことを、再確認しなければならない時代がきていると予見します。

 

▪️ショービジネスと芸術(Art)

Recreationというのが芸術ではないというのは、私のブログではよく出てくる話題です。

前回の記事で、Salon of the Rejectedの派生としての現代美術は、本質的な芸術と言えるのかという疑問について書きました。しかし、そもそも芸術でないのなら、芸術の考え自体がショーの妨げになりますから、割り切らなければなりません。

Recreationにおけるショーというのは、お客さんあってのもので、演者とお客さんの、みんなでつくりあげるものです。

お客さんの立場に立って、同じ目線で共感を生むことが一般的です。しかし、過度に一般化された共感のための技術は、自動機械のようにテンプレ化された演者を、大量に生み出してしまいます。

 

▪️修行はいらない?

一時期、「寿司職人が何年も修行するのはバカ」という発言が話題になりました。今は体系化された技術を向上させるための知識が、YouTubeなどによって、ますます一般化されています。

そういう意味で、修行というのが古いというのは分かりますが、修行によって身につけることのできるものは、寿司の技術だけではないという反論もあります。

しかし私は上記の発言を、「人の思慮を深くする経験は、修行以外でも身につけることができるのだから、修行だけに拘らなくてもいい」という解釈もできると考えます。

機会費用』という経済学の考え方もありますが、修行以外で教養を身につけ、体系化された知識で寿司を握るのが、効率的であるとも言えるかもしれません。

 

▪️人を管理する人の問題意識

全ての人が、芸術(Art)を理解する必要はありませんが、現状のエンターテイメントの業界が市場原理主義によって、芸術を駆逐してしまうという問題があります。市場原理主義によって、芸術の教養を持たなくても、エンターテイメントビジネスの管理者になれてしまいます。

フランス革命以降、国民国家(の樹立)は芸術に対して影響を与えました。特にSalon of the Rejectedによって、印象派の台頭を招きます。

現代でもYouTubeなどによる、体系化された知識の共有は、エンターテイメント業界の更なる単純化を招く可能性があります。

人を管理する立場になるならば、問題意識を常に忘れてはいけないと考えます。

 

98(▪️現代美術についての疑問)

▪️現代美術についての疑問

ルネサンスギリシャ時代の芸術を理想として掲げる、静的な新古典主義に対して、台頭してきたのがロマン派と写実派です。

ロマン派は、人の心に傷をつけるような、動的なものです。

写実派は、ロマン派のアンチテーゼとして、ありのままのを写し出すものです。

保守と改革の戦いに対して、ナポレオン三世は、1863年にSalon of the Rejectedを開きます。

民主主義の本質が『参加と自治』であることは言うまでもありません。芸術を知らない民衆に芸術的な正しさ求めるこの展覧会は、多数決によるポピュ(ラ)リズムそのものである気がします。

この展覧会以降、ロマン派の技法と、写実派の方向性から、印象派が台頭します。

今まで、ルネサンスの絵画技法を使い、宗教、神話などを題材にしていたのに対して、印象派は人の生活・風景を題材としてリアルタイムの芸術を目指しました。

はたして、Salon of the Rejectedの派生としての現代美術は、本質的な芸術と言えるのでしょうか。

___

97(▪️毎日悪夢を見る▪️悪夢のメカニズム▪️日記)

▪️毎日悪夢を見る

今日は「大規模な地殻変動で、食料難となり、人同士が共食いを始めた世界」の中で、生きる夢を見ました。鮮明な映像として覚えてるので、ショックで体調が悪いのです。

僕はこういう悪夢をしょっちゅう見ます。

 

▪️悪夢のメカニズム

添付文章に悪夢の副作用が報告されている薬物として、βブロッカー、L-DOPA、ChE阻害、抗ヒスタミンなどが挙げられます。これらは共通して神経伝達物質である、ドーパミンアセチルコリンヒスタミンに関係します。

薬剤性の悪夢の共通点を考えると、成長の過程でPTSDなどにより、神経の伝達機構に、なんらかの影響が与えられている気がします。

一般にレム睡眠中の夢は、神経伝達物質の量が少ないなどの理由から思い出しにくい。覚えている悪夢というのは、特殊といえるでしょう。

悪夢については、まだまだ分からないことが多いです。脳神経科学については、器質的な領域は分からないことが殆どとも言えるので、あんまり希望は持てないですが、何とかしたいですね。

 

ある程度、自然科学(再現性、反証可能性)に触れているから、いくつかの可能性を考察できます。僕みたいな人は、自然科学がない世界で生まれてたら、夢と現実の区別がつかなくなって「このままでは世界がヤバい!」と行動に駆り立てられていたでしょう。悪い意味の宗教家や革命家です。

 

▪️夢が叶ってしまった

そう言えば、僕には沢山の夢(ドリーム)がありましたが、10年前の夢はほとんど叶ってますね。

他人が関わらないことであれば、何かをできるようになりたいと願うだけで、なんかできるようになってしまうのです。

まあぶっちゃけ才能ですね。

ただ、夢の中を生きてるので、周りに合わせて生きる才能はあんまなさそうです。

もう少し生きてれば、見える世界が変わるだろうか。自分が変わるしかないのですが。

 

96(▪️人それぞれ、できないことがあると知って欲しい▪️僕のできないこと)

▪️人それぞれ、できないことがあると知って欲しい

今日YouTubeで、確定申告ができない人の動画を見ました。法の下の平等(憲法14条)から、法律は誰でも守れる法として機能したほうがいいです。税申告をしない罪ように、能動的に動けないことに対する罪が重過ぎるというのは、気持ちの上で同意できます。

 

ギフテッド(Gifted)が有名ですが、

常識的に誰にもできないことができるのに、

常識的に誰でもできることができない人がいます。

 

足のない人に「頑張って歩け!」といっても歩けないように、

「選び好みしてるから仕事ができない」といっても、パンの上にジャムを乗っける単純作業すらできない人もいます。

他人の気持ちは基本的に理解できないものですが、「一見わかりにくいが、常識的に誰でもできることができない人」がいることを、知って欲しいと思っています。

 

▪️僕のできないこと

僕は高校生まで、宿題を終わらせたことが一度もありません。宿題というのが、なんなのか分からないので、今学生のころの「宿題をやれ」と言われても、まずできないでしょう。

思えば宿題忘れで、毎回最後まで廊下に立たされていたのは、僕だけでした。宿題の度に「怠け者!」と言われていたので、当時は自分が怠け者なんだと思っていました。

 

しかし、僕は宿題をやるための努力を怠ったことはありません。手に「宿題」と油性ペンで書いたり、常に宿題を持ち歩いたりするなど、様々な解決策を試しましたが、解決したことはありません。

結局それは努力ではなく、徒労だったのですが。

今だから言えますが、基本的に僕は「やらなければならない(have to)」と思ってしまったら、義務のあるなしに関わらず、できません。

無理にやろうとすると気絶してしまうので、不可能です。

実行機能障害な気もしますが、「病院にいかなければならない」と思った時点で行けなくなるので、障害の診断もできません。酷いときは、「病院にいかなければならない」というストレスで、内科に救急搬送されます。自爆です。

 

これが僕にとっての普通です。

高校生くらいまでは、朝起きてからほとんどすべての時間気絶していたので、もはや何も分からないパッパラパーでした。

このことから想像力がなかったので、宿題も、みんな凄い工夫や努力をしているのだろうと思うしかありませんでした。

 

でも違いました。

僕がおかしいだけでした。

 

もうどうしよもないので、

今は「できないことはできない!」とはっきり言うようにしてます。

 

他にも、単純作業は全くできません。僕は運動制御の能力が高いので、パンの上にジャムを乗っけるような精密な単純作業(?)が得意と勘違いされます。実際には、作業をはじめた瞬間に意識が遠のいて、酷いときは他のことも含めて丸一日なにもできなくなります。

できない理由は「単純作業をやらなければならない」と考えてしまうからですが、自分で言ってて意味不明です。

 

一度「やらなければならない(have to)」と思ってしまったら、それを忘れるまでできないので、できるようになるまで、基本的に何年もかかります。

少し前の話ですが、枕(まくら)がなくなってから、「枕を購入しなければならない」と思った後に、枕を購入するまで3年かかりました。めっちゃ枕が必要だし欲しかったのに。

 

※「やると決めた」を「やらなければならない(have to)」に訂正しました。このほうが伝わりやすいですが、実際には「やると決めた」瞬間にできなくなることが、ほとんどです。重症です。

 

多分僕みたいな人はいると思います。我慢している人は「できないことはできない!」と主張しましょう。